Borussia Dortmund Magazine

ドルトムントを中心にドイツサッカーなどを紹介します

*

「ミッション・インポッシブル」奇跡の大逆転を信じてドルトムントがモナコ入り。

   

チームバスを襲った爆発事件からわずか1週間。ファーストレグはオフサイド見逃し、2点目のスヴェン・ベンダーに対するファルカオのファール見逃しの誤審。精神的ショックを引きずりながらも、香川真司のゴールでセカンドレグへの希望をかろうじて繋いだ。

状況は厳しく、突破には最低でも2-0での勝利が必要だ。選手達のメンタルも少しずつ回復してきているが、ブラック&イエローに課せられたタスクは困難を極める。それでもハンス=ヨアヒム・ヴァッケ社長は「我々はドリーマーじゃない」と言い切り、「チャンスは決して大きいわけじゃないが、それでもチャンスはある。それは確かなことだ」と力強い言葉でチームを鼓舞した。

事件から1週間:「非常に集中している」

「まだ事件を乗り越えたわけではないが、気持ちは落ち着いてきた。非常に集中しているし、この試合のことだけを考えている」指揮官は事件後のチームのメンタリティーについて言及、「我々は2点差で勝つためにここに来た」と強気の言葉を口にした。

チームのモチベーションは再び上昇志向にあり、誰もがマルク・バルトラのために勝利を掴んでドルトムントに帰ると意気込んでいるはずだ。「特別なものを掴み取るためのエネルギーや、チームスピリットは準備できている」とトゥヘル監督は語る。

失点すれば試合の大勢は決まってしまうだろう。「守備と攻撃のバランスをとらなければいけない」と慎重な意見を述べたが、「可能な限りチャンスを作るつもりだ。我々はキックオフから試合終了まで攻撃し続ける」と続けた。

プレカンファレンスに出席したマルコ・ロイスは「僕の意見は50-50ってところだ。ファーストレグの結果は僕らにとって良いわけではなかったが、ひっくり返すアイデアを持っている。僕らがやれることを信じている」とコメント。スタメンで起用されるかどうかはコンディション次第だが、指揮官は「ロイスのような特別な選手の力が必要」と期待を寄せている。

「我々は経験豊かな選手と若手の良い組み合わせを持っている。チャンピオンズリーグでは傑出した結果を残しているんだ。我々の夢はこのコンペディションに残ること。高いクオリティーを持つ相手に立ち向かうと理解しているが、自分たちのクオリティーも理解しているので、私は非常に楽観的に構えている」-トーマス・トゥヘル監督

ホームでは無類の強さを誇るモナコ

ドルトムントにとって状況が困難である理由の一つに、セカンドレグをアウェイで戦うことが挙げられる。一般的にセカンドレグをホームで戦う方が有利と言われているが、モナコはホームで無類の強さを誇っており、簡単に勝利を奪うことは出来ない。フランスリーグでは現在首位。24勝5分3敗、90得点27失点という圧倒的な戦績で、今シーズンを通じてホームではわずか2敗。指揮官は若手を中心にアグレッシブで破壊力抜群のチームを作り上げている。

「チームは一定の方法でプレーすることに慣れており、我々はそのDNAを変更するつもりはない」とジャルディム監督はプランを大きく変えないことを示唆したが、同時に「明日のドルトムントはファーストレグより遥かに強くなるだろう」と警戒している。

「我々にとって優位な点はあるが、ドルトムントは素晴らしいチームであることを忘れてはいけない。完全に集中しなければならないし、すでに終わったと思うのは間違いだ」と明かしたのはラダメル・ファルカオ。若手中心のチームを引っ張るベテランは、この舞台の恐ろしさも熟知している。

モナコにとっては通常通りの戦いをすれば十分に突破可能だろう。状況はドルトムントにとってあまりにも厳しいが、逆に言えば失うものは何一つない。自信と勇気、そして戦術的規律があれば道は開ける。そしてほんの少しの「運」も必要かもしれない。

スタメン予想(ドルトムント公式)

ASモナコ:
スバシッチ;トゥーレ、グリク、ジェメルソン、メンディ;モウチーニョ、バカヨコ;シウバ、ルマー;ファルカオ、ムバッペ

欠場:
ファビーニョ(出場停止)、シディベ(虫垂炎)、ボスキリア(十字靭帯)

ボルシア・ドルトムント:
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、ギンター、シュメルツァー;ヴァイグル;香川、シャヒン;プリシッチ、オーバメヤン、ロイス

欠場:
バルトラ(腕と手の手術),シュールレ(足首)、ゲッツェ(代謝障害)、ローデ(筋肉)


monaco-matin紙:「出来るもんなら捕まえてみろ」

 - 16/17シーズン, チャンピオンズリーグ, ボルシア・ドルトムント , , ,

Powered by amaprop.net

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

グロスクロイツ、香川との別れを悲しむ

 ・レバンドフスキ「ドルトムントで何が達成できるか」 スポーツビルドのインタビュ …

ドルトムント、バイエルンの前にウェンブリーで散る。試合後コメントから

いよいよ決勝、最高の雰囲気のままキックオフ。前半から飛ばして猛攻をしかけたのはド …

「完全なフィクション」ドルトムント、レアル・マドリーとの「秘密協定」を否定

ドルトムントとレアル・マドリー間で「秘密協定が存在する」とスペインのマルカ紙が報 …

ヘンリク・ムヒタリアンとドルトムントのポーカーゲーム

「どうして、契約延長を今結ばなくてはいけないんだ?ミキ(ムヒタリアン)は2017 …

シャヒンはレアルと契約合意か?

・BVB、優勝記念パーティを行う 試合終了の夕方からレストラン”Pi …

トーマス・トゥヘル監督の戦術的実験と、シュツットガルトのケヴィン・グロスクロイツ

「監督冥利に尽きる素晴らしい試合だったね。予想通りの激しい試合だった」とトーマス …