Borussia Dortmund Magazine

ドルトムントを中心にドイツサッカーなどを紹介します

*

背番号「5」:ドルトムントの不屈の精神と希望への旗印

   

「試合前、僕らは90分間全力で戦おうと誓った。ゴールはマルク・バルトラと彼の家族に捧げる」淡々とソクラティス・パパスタソプーロスは語った。センターバックらしくない豪快なシュートの瞬間は「あとは何をしたのかよく覚えていない」と述べている。

テロ事件からわずか3日。チームが負った精神的ダメージは計り知れない。我々の想像など遠く及ばないだろう。それでもボルシア・ドルトムントはフランクフルト相手に勝利をおさめ、ホームのファンに再び歓喜をもたらした。そして、誰もが「マルク・バルトラの為」と奮起、傑出したメンタリティーを披露した。

マルコ・ロイスのカムバック

前半2分、カムバックしたマルコ・ロイスが芸術的なバックヒールでゴールを奪うとチームに一気に火が付いた。チームは何度も何度も華麗なパス回しでフランクフルトを圧倒、事件の影響を全く感じないパフォーマンスで観衆を沸かせている。ロイス自身前半45分間を通して好パフォーマンスだったわけではないが、復調を印象付けるには十分なプレーを見せたと言ってよいだろう。

流れを手中に収めていたドルトムントだが、29分にフランクフルトのファビアンが遠目からシュートを放つと、シャヒンの太ももにあたりそのままゴールへと吸い込まれて同点に。暗雲が立ち込めたが、ソクラティスの弾丸シュートで再びリードを奪うことに成功。普段はアグレッシブな守備でチームを助けるが、さながらストライカーのような豪快なゴールに公式は「新たな一面を見せた」と記している。

後半はややペースが落ちたもの、最後はヌリ・シャヒンの完璧なロングパスからウスマヌ・デンベレがゴール前に運び、最後は「兄貴分」のピエール=エメリク・オーバメヤンが簡単にネットに押し込んだ。フランクフルトの反撃もここまで、チームは勝ち点3を得ることに成功している。

時より集中を切らす場面もあり、フランクフルトもいくつかの決定機を迎えたが、ロマン・ビュルキが優れたパフォーマンスを披露。悲惨な事件後、何よりもチームに必要だったのは「勝利」である。

マルク・バルトラに捧げる勝利

試合後南スタンドはテロ事件で腕を負傷して入院しているマルク・バルトラの名前を呼ぶと、選手たちは背番号「5」のユニフォームを掲げる。そこに言葉はいらない。感情的な瞬間。南スタンドの熱気とチームが真に一つになったように思えた。

「試合終了後には選手たちがスタンドの前で(マルク・バルトラの)ユニフォームを掲げ、素晴らしい意思表示をしてくれた。マルク・バルトラはうちに欠かせない大切な選手だ。このチームの本当の姿や、我々に素晴らしい気概、一体感が備わっていることをお見せできたと思う。サポーターとの相互作用は今日も最高だった」-トーマス・トゥヘル監督

「南スタンドを前にして、プレーに対する迷いが消えたよ」と心境を語ったのはキャプテンのマルセル・シュメルツァー。事件後から大きく気持ちが変化したわけではないが、「チーム全員で話す時間を増やし、皆で乗り越えようと努力したけど、専門家の力も非常に大きかったと思う」と答えている。そして「今日の勝利は彼に捧げる」と締めくくった。

テロ事件からわずか数日。選手や指揮官が負った精神的ダメージが癒えるはずはない。香川真司も「見えない疲れがあった」と明かし、「気持ちの整理はなかなか付きづらいことではある。時間は必要なのかなと思う」と率直な心境を述べている。

満身創痍の中、フランクフルト相手に勝利を収めた。簡単なことではないし、そして普通のことではない。印象的なパフォーマンスでファンを喜ばせ、そして「ボルシア・ドルトムントは絶対に屈しない」と内外に広く示す形となった。

本当に困難な状況下にも関わらず、選手やスタッフはプロフェッショナルな姿勢で試合に臨んでいる。彼らのメンタリティーには脱帽するばかりだ。今シーズンがどのような結末を迎えようとも、このチームは我々の誇りである。

南スタンドの歓喜の渦の中心に、背番号「5」が燦然と輝いていた。そしてそれは、ブラック&イエローの希望への旗印のようにも思えた。ユルゲン・クロップが植え付けた「偉大なチームスピリット」は脈々と受け継がれている。

“Aber eins, aber eins, das bleibt besteh’n: Borussia Dortmund wird nie untergehn”(何があってもこれだけは変わらない、ボルシア・ドルトムントは絶対に屈しない!)

 - 16/17シーズン, ブンデスリーガ, ボルシア・ドルトムント , , , , ,

Powered by amaprop.net

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ドルトムント、5選手を温存しギリシャ遠征へ。PAOK戦プレビュー

ダルムシュタットに痛恨のドロー、2戦連続足踏み状態のドルトムント。今節はヨーロッ …

ドルトムントサポーターは”平和的”にデモを実行

土曜のヴォルフスブルク戦の前にドルトムントサポーターはDFLの提唱するセキュリテ …

no image
ドルトムント、2012年始動

ドルトムント、2012年始動 あけましておめでとうございます。月峰です 年末はリ …

ドルトムント、首位を奪還!

・ドルトムント、ブンデスリーガトップを奪還 先日バイエルンがマインツに敗戦したお …

フロリアン・クリンゲ:ドルトムントとの再会とザンクトパウリの可能性

ルールナハリテン紙から。ザンクトパウリとのポカール2回戦を控えるドルトムント。過 …

シュツットガルトでの日本人フットボーラー達の饗宴

シュツットガルトは今節ホームに2位のフランクフルトとの対戦を迎えます。岡崎、酒井 …