Borussia Dortmund Magazine

ドルトムントを中心にドイツサッカーなどを紹介します

*

いよいよシャルケとの大一番!第172回、レヴィアダービープレビュー

   

いよいよ絶対に負けられない戦い、シャルケとのレヴィアダービーを迎えます。「全ダービーの母」とも呼ばれる激しいダービーであり、優勝することよりも極めて重要な一戦です。前回10月に開催されたダービーは0-0のドロー、果たして今回はどのような結末を迎えるのでしょうか。

<シャルケ04>
9位(33ポイント)コラシナツとチュポ=モティングが打撲を負って様子見。リスクが無ければ起用すると監督が真衣減しています。サイドバックのアオゴが足首の怪我で離脱中。ババもコンディション不足のため、ケーラーかカリジュリが埋めると予想されています。長期離脱していたコケが先日の親善試合で復帰を果たしました。

<ドルトムント>
3位(46ポイント)マリオ・ゲッツェが代謝障害で長期離脱中。マルコ・ロイスが筋肉系の負傷でプレー負荷。さらにアンドレ・シュールレが代表戦で怪我を負い、今回のダービーは欠場するようです。エリック・ドゥルムが練習中の負傷でこの試合はプレーできないとのこと。

一方離脱中だったヌリ・シャヒン、スヴェン・ベンダーはプレー可能ですが、コンディション不足でメンバー入りするかは微妙なところです。

・先発予想(ルールナハリテン紙)

シャルケ04:
フェーアマン、ケーラー、ヘヴェデス、ナスタシッチ、コラシナツ、ガイス、ベンタレブ、シェプフ、カリジュリ、ゴレツカ、ブルクシュタラー

ドルトムント:
ビュルキ、ピシュチェク、ソクラティス、バルトラ、ヴァイグル、カストロ、デンベレ、香川、ゲレイロ、シュメルツァー、オーバメヤン

・マーカス・ヴァインツィール監督

「我々はもれなくキックオフを楽しみにしているし、ダービーの重要性も理解している。どの選手もトレーニングに燃えており、闘志を内に秘めている。選手たちも、練習場の外で何が待ち構えているかを感じている」

「今回も全力を尽くし、相手をゴールから遠ざけておきたい。ダービーでは、激しくぶつかり合うことが基本となる」

・トーマス・トゥヘル監督

(人員状況)
「マリオ・ゲッツェは良くなってきている。マルコ・ロイス、セバスティアン・ローデ、アンドレ・シュールレ、エリック・ドゥルムは土曜プレーできない。ドゥルムは練習中に筋肉系の負傷、シュールレはアゼルバイジャン戦で負傷。アキレス腱付近に多くの痛みを抱えている状況だ」

(ダービーを前に)
「順位表なんて無関係だし、重要な事じゃない。我々は勝利を収めるためにシャルケのホームへ乗り込む。勝利すればひっくり返すことができると理解している。ダービーでの勝利がいかに難しいかわかっているが、我々が勝てると信じている」

(ダービーへのアプローチ)
「古典的なものさ。戦闘なし、戦うという姿勢なし。そんなことじゃ感情的に戦うシャルケを倒すことはできない」

(ダービーを前にした雰囲気)
「シャルケよりは少し良いくらいだ。普通のことだよ(笑い)DFBポカールの準決勝も待ち構えているが、今週の土曜15時29分は全てが異なる」

(ダービーを前にした日常の経験)
「例えば、郵便配達のような人たちですら我々の成功を祈っている。ダービー前日でも非常に静かであると個人的には理解している。誰でもポジティブで楽観的なんだ」

(練習中のピエール=エメリク・オーバメヤンとの会話について)
「良い天気ならばこういった話し合いはほぼ毎日行われる。そして、その内容をレンズが向けられた記者会見の場で話す必要はないと思う」

(マフメド・ダフードについて)
「彼の良い所はたくさんある。すでに昨シーズンから獲得しようと試みていたし、最終的に獲得できて本当に嬉しい。グラッドバッハを尊重したいし、現時点で彼のことについて話したくはない」

(香川真司とクリスティアン・プリシッチについて)
「シンジは驚くほどフレッシュに見えた。彼は経験豊富なのでそういう状況にもうまく対応できているのだろう。(プリシッチは)怪我などをしかねない。十分休めたか確認する必要があるが、メンバーには入るだろう」

・ロマン・ビュルキ「シャルケとのハンマーゲーム」

(ドルトムントはマフメド・ダフードの獲得を発表しました。将来仲間になるプレーヤーについてどう思っていますか?)
「彼は技術的にも非常に熟練しているし、良い視野を持っている。もちろん彼のことを楽しみにしている。彼が僕らとの試合で格を示せたら良いけれど、ゴールを奪わせないよ」

(シャルケとのダービーを前にして)
「ゆっくりと緊張が戻ってきている。ドルトムントの全ての人々と同じで、僕らにとってはまさに” Hammerspiel”だ。最も重要な試合であり、至る面で最高の準備をしなくてはいけない」

(あなたにとって最も重要な一戦ですか?)
「ファンがそう言うならばそういうことだ。僕らがこの地域のナンバーワンであることを証明する以上に重要なことは何もない。土曜日に証明したい」

(シャルケは最近良くなってきています。相手に対してどのように予想していますか?)
「個人的に相手については追い続けてはいない。僕らは自分自身に完全に集中しているし、自分たちにとって重要な試合で結果を残してきた。多くの自信を持ってこの試合に臨むことができる。僕らは何をできるか分かっているし、ファンの為に勝ちたい」

(シャルケとのファーストレグは0-0でした。あなたはその試合からどんなレッスンを得ましたか?)
「もちろん僕らは試合を分析したし、もう一度ビデオ分析をして準備していく。ファーストレグのようなことを防ぎたい。先制点を奪って試合にパンチを与えたいと思っている」

(あなたにとって4度目のダービーです。よりリラックスできていますか?)
「全てが新しかったので、最初は最も特別な試合だった。勝利したときの雰囲気といったら、これまで経験したことのないものだったよ。もちろん勝利を収めたいね」

(どうやったら成功を収めることができますか?)
「最も重要なことはバトルだ。試合はバトルによって定義づけられるとファーストレグで見ることができた。僕らはハングリー精神を持っていなければいけないし、昨シーズンのような試合が目標だ」

(シャルケ相手の勝利に勝るものはありませんか?)
「いずれの場合であってもファンのためだ。ドルトムントの雰囲気にとっても非常に重要だ。シャルケを打ち負かす。そういった感覚が非常に重要であるということ」

 - 16/17シーズン, ブンデスリーガ, ボルシア・ドルトムント , , ,

Powered by amaprop.net

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

香川、ブンデスリーガ前半戦MVP獲得!!!

香川、ブンデスリーガ前半戦MVPに選出! 「Der Spieler der Hi …

no image
「賢い」選択をするならば香川は残るはず

・香川の移籍騒動 「賢い」選択をするならば香川は残るはず。 いろいろと報道が出て …

ヌリ・シャヒン:ドルトムントの放蕩息子

昨シーズン冬に戻ってきたドルトムントの放蕩息子ことヌリ・シャヒン。16歳でブンデ …

マルセイユ戦プレビュー

マルセイユに乗り込むBVB。ベンダー・シュメルツァーも間に合ったようです。 マル …

アヤックス-ドルトムント戦、プレビュー

グループステージ突破をかけアムステルダムに乗り込むドルトムント。前回の対戦ではド …

3/23 Dusseldorf, 17:55 CET: Kagawa is back

Dusseldorf, 17:55 CET: Kagawa is back! 前 …