Borussia Dortmund Magazine

ドルトムントを中心にドイツサッカーなどを紹介します

*

マルコ・ロイスをもっと良く知ることができる10のことがら

      2014/09/08

ブンデスリーガ公式でロイスについて書かれた記事「TEN THINGS ABOUT MARCO REUS」という記事があったので意訳して紹介します。ロイスのこれまでのキャリアについて普段あまり書かれないことが書いてありなかなか興味深い内容となっています。(現地記事はこちら

Roots
1989年にドルトムントに生まれたロイス。彼は子供のころにSVドルトムントに加入する。かつて子供のころのロイスを教えていたAndrea Schürmannは、ロイスがあらゆる時間でボールを蹴る事に費やしていたと回想している。「ここや自宅で彼は常にプレーすることを好んでいた。彼はボール扱いに長けていてチームの誰よりもボールを持っていたんだ」

Sacrifices
ロイスは1996年にドルトムントのユースアカデミーに進んだ。しかし15歳の時、彼の痩せた体格がプロとしての成功を妨げると告げられてしまう。リザーブの立場でドルトムントで戦うか、それとも去るかその選択に直面することになったロイスは、3部のアーレンでコンスタントにプレーすることを選択。「自分がここを去ることはとても辛かった」とガーディアン紙にロイスは話した。「1つのクラブでユースキャリアを過ごした時、次のステップを踏みたいんだ。特にチームを応援しているときはね」と。

The other Borussia
彼がまだティーンエイジャーだったころ、アーレンのファーストチームに昇格、そして2009年にボルシア・メンヘングラッドバッハに移籍することとなる。そして素早いウィンガーはここで自分の将来を形成していく。そして2011年には降格を防ぐ決定的なゴールを記録、そしてチームが4位でフィニッシュした際には18点をあげ、CL出場権も獲得している。

National team
2011/12シーズンの彼のセンセーショナルなプレーは、ドイツ代表のレーブ監督が代表に招集するということで報いられることになった。病気や怪我で辞退していたが2011年10月にようやくデビューを果たす。彼は欧州選手権の23人の一人に選出、5月のスイス戦で初ゴールを決め、準々決勝のギリシャ戦でゴールを決めている。

Free kicks
非の打ちどころのないボールタッチ・爆発力だけでなく、ロイスはデッドボールを蹴ることに関してもブンデスリーガのベストの1人でもある。2012/13シーズンはフリーキックで3ゴールを決め、6ゴールをチームメイトの為に演出している。

Unbreakable bond
8万人のサポーターがヴェストファーレンに押し寄せるがその中には子供も含まれる。ロイスはグラッドバッハにいた頃、毎週末ドルトムントの家まで運転して帰っていた。バイエルンよりも彼の故郷であるドルトムントを選択したことにより、さらに多くのドイツのフットボールファンから慕われることになった。「偉大な監督の下で一緒に良く動く選手と一緒の、最も応援されたチームであることを僕は感じたんだ。選手たちはバイエルンほどいったり来たりはしない。それは僕にとっての最高の場所だった。そして僕は帰って来たんだ」と。

Weakness
ロイスがどちらの足でも等しく快適に使えるという事実は、ヘディングを彼が嫌がるということを引き起こすということがあった。「僕は負けるのが嫌いだしヘディングも嫌いだ。怖いんだよね」とスカイスポーツのインタビューで明らかにしている。「いつも僕は頭の間違ったところでボールをヘディングしてしまうんだ」と。ピッチが離れた彼の趣味はアメリカンヒップホップを歌ったり、ギターを弾くことである。

Artist off the pitch
タトゥー。彼の左腕は紋章が描かれており” Marco – 31.05.1989”と彫られている。「僕はタトゥーが好きなんだ、そして僕には腕の良いタトゥー・アーティストがいるんだ。おそらく将来いくつかのタトゥーを入れるだろうね。まあ妄想になるかもしれないけど」

Idols
彼がより若い頃アイドルだった選手はトーマス・ロシツキーである。チェコ代表は2000年初期、クラブで一番の選手だった。そしてBVBでブンデスリーガタイトルを獲得し、約200試合をこなしている。「例え彼がまだドルトムントで若かったとしても、ロシツキーには素晴らしいテクニックが合って、とても知的で成熟していたんだ。僕は彼について全てをコピーしたんだ。彼の汗止めバンドまで」

Personal
ロイスは早くからフットボールに対する愛情を発見し、あらゆる時間に練習していた中、ロイスの二人の姉は試合に対する情熱は無かったようだ。「残念なことに、彼女たちには試合に対する情熱がないんだよ」とロイスは説明している。そしてロイスは2009年からニュースキャスターのCaro Böhsと交際をしている。

 - ドルトムントプレーヤー10のことがらシリーズ, ボルシア・ドルトムント ,

Powered by amaprop.net

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アンフィールドのクレイジーな夜に屈したドルトムント

「今は何も考えられず、言葉にならない」と開口一番、トーマス・トゥヘル監督は我々が …

ドルトムント、マティアス・ギンター「自身の限界を決める必要はない」

ルールナハリテン紙のインタビューを意訳して紹介します。マティアス・ギンターが番記 …

次のトップチーム昇格最有力候補:ジョセフ・ギャウはクロップ監督の下で直接プレーする

ジョセフ・ギャウはユルゲン・クロップの下で直接プレーする ルールナハリテン紙から …

「警戒・準備・全力」ドルトムント-アウクスブルク戦プレビュー

アゼルバイジャン遠征を勝利で終えたドルトムント。今節はホームに最下位アウクスブル …

クロップ監督「不満を抱くことは普通のこと」

・ケールはトレーニングに復帰 顔面を負傷していたケールがトレーニングに復帰。フラ …

マルセル・シュメルツァーをもっと良く知ることができる10のことがら

ブンデスリーガ公式でシュメルツァーについて書かれた記事「TEN THINGS A …